熱血ゲーム動画ブログ

熱血なゲーム動画を紹介するブログだぜっ!

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レアゲー】アーケード シャドーフォース 二人プレイ 

2012
22
henshinninjya.gif

テクノスジャパン末期にこんなソフトを出していたんだな。ベルトアクションゲーム。
超人学園ゴウカイザーのようなキャラクター作りだな。良くも悪くもオタクっぽいゲームだ。


『熱血硬派くにおくん』、『ダブルドラゴンシリーズ』、『コンバットライブス』に続く、テクノスジャパンのベルトフロア型アクションゲームだが、このゲームには家庭用に移植されていないレアゲームである。悪の組織ティーサーの野望を打ち砕くため、4人の忍者達が戦う。また、2Pプレイの場合、選んだキャラクターによってエンディングが変化する。敵に乗り移るシステムやコマンド技などが特徴であった。
シャドーフォース Wikipedia




◆テクノスジャパンについて
末期のテクノスは、アニメっぽいキャラ物オタクっぽいゲームが多くなっていった。
くにおくんシリーズの乱発で経営が傾いたというのが通説だが個人的には、くにおくん・ダブドラ以外のゲームが
ヒットしなかった、ソレに変わる人気作を作り出せなかったのが原因だと思うぜ。
自社ビルを建てたってのが一番大きかったらしいがな。
くにおくん・ダブルドラゴン以外のゲームは質(クオリティ)がひどかったな。

◆シャドーフォースについて
この頃のテクノスは、アニメーションに力を入れていたようだ。
小奇麗なのはいいが、暴力性・バイオレンスが足りないゲームだな。
音楽も燃える系ではなく、どこかおっとり冷めた感じのものが多い。
そして、敵をぶちのめす感がさ。痛みがまったく伝わらないオタクゲームに成り下がっている。
シャドーフォース、声にヤル気が感じられんぜ! こういうのが流行っていたのか…?
方向キーと攻撃ボタンを組み合わせることで、8方向に攻撃可能なのがこのゲームの斬新なところ。


kunio_nekketu.gif
テクノスジャパンには、流行を追わずに独自路線を突っ走って欲しかったぜ…。





◆テクノス倒産劇

219 : NAME OVER[sage] : 投稿日:2006/12/18 01:37:23 ID:???
★テクノスについて★
1995年12月15日をもって倒産、負債総額は約45億円。
30億は銀行、15億はSNKからそれぞれ借金があったと言う。

いままでの最高売り上げは1991年度で、約91億円だったらしい。
それで自社ビルを建てる事に。しかし、その行為が倒産のきっかけの1つとなる。

きっかけ2つ目は、建設後のゲームが泣かず飛ばず状態になり、収入が減ってしまった。
単に、くにお・ダブドラ・一連のプロレスゲーの画面を変更しただけの作品を連発
する様になってしまう。

今流行のゲームや、先を全く考えない運営をしたおかげで、92年度の売り上げは前年の
半額に落ち込む。
これが原因で当時のテクノスは、過去の光栄に拘る派vs格ゲーの波に乗る派に分裂。
その最中で、93年に「シャドーフォース」をリリースするが惨敗。
以降、格ゲー路線へシフトする事に。


220 : NAME OVER[sage] : 投稿日:2006/12/18 02:09:57 ID:???
年が進むにつれ、売り上げもかなり減り、94年度は約10~15億にまでなったらしい。
そこで当時のネオジオの普及率に全てを賭け、格ゲー版ダブドラを開発。
しかし、ネオジオ参入したくてもそれだけの資金の余裕も無いので、銀行&SNKから借金。

95年春に格ゲー版ダブドラをリリース。結果は周知の通り。
夏には、テクノス主催のコスプレイベント開催。だが、その裏には社長婦人を含む
3人の重役を始めとする大量の首切り騒動勃発。そうでもしないとイベント開催が
出来ない程に追い詰められたらしい。

11月にゴウカイザーをリリース。話題にはなっていたものの、場所によってはロケテ時点で客が
1日に1ケタ程度しか寄り付かなかったとされるゲーム。
これもテクノスを支えるだけのインカムは、はじき出す事は出来なかった。

11月下旬、会社再建を諦めた瀧 邦夫元社長は、三鷹市にあった自宅を引き払い、
婦人共々夜逃げを決行。
近所の話だとそうとう慌てて逃げた為、表札はペンキで消され、婦人の名前が
書かれた自転車が残されたと言う。

残された社員一同再建を目指していたが、とうとう12月15日に自社ビルを閉鎖。
以上、テクノス倒産劇である。

関連記事

- 0 Comments

Add your comment

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。